FC2ブログ
新選組・土方歳三・日本映画・三池崇史・THE STREET BEATS・横道坊主・素敵なもの探し
http://lmnsky.blog64.fc2.com/
admin  

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

藍鉄

Author:藍鉄
藍鉄と申します。
日本映画好きで、三池崇史監督好き。映画の感想等書いてます。
新選組、土方歳三さん好きで、史跡巡り等もしています。
歴史のあるものを感じると癒されるこの頃・・・。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



海自等、イベの写真等も。
2007年以前の艦の写真部屋

他ブログから引越しの為、以前の写真のサイズが一部不揃いになっております(謝)

つぶやき・・・

Twitter ブログパーツ

検索フォーム

月別アーカイブ

05  12  07  04  12  11  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

歴史関連リンク

【土方歳三資料館】


【井上源三郎資料館】
【日野市観光協会】
【新選組屯所 旧前川邸】
【土方歳三函館記念館】
【函館 五稜郭タワー】

【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】




Sisiya(志々屋)さんのサイトです♪ 新撰組・坂本龍馬・高杉晋作ほか、幕末や和をイメージしたオリジナルの作品紹介や展示ショップのご案内、幕末関連の史跡めぐり訪問記などを紹介されています。 1点1点、手造りのブックカバーがとても素敵です!!



読書カレンダー本棚

Powered By ソーシャルライブラリー

MoonAge

カウンター

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2011.04.14/ 19:48(Thu)
先日の桜の満開の日曜、岡山・足守で開かれました「足守洪庵さくらまつり」に、岡山新選組準備会の会員として、初めて参加させていただきました。

私はこの足守という地を初めて訪れたのですが、新選組隊士であった安富才輔さんの出身の地であり、函館戦争の後ここ足守に戻られており、墓碑が平成20年に発見されたそうです。
また、ドラマJINに登場されていた緒方洪庵さんの誕生の地であったり、町中に武家屋敷が残されてあったり、豊臣秀吉とねねの位牌が祀られてるという大光寺というお寺もあったりと、大変、歴史を感じさせる、とても落ち着く町並みでした。

隣県にいながら、そおいう事を全く知らないという、、、


私にとっては初めての袴に隊服着用だったので、がんばって前日に練習してたんですけども・・・基本的な所を間違っていて(~_~;)最初から直していただく事に。

桜並木のある川沿いのステージで、会の紹介や足守との関わりを安富幹事さんと沖野幹事さんが説明されるのを、私も一緒になってフムフム!と聴く。
今回の旅?は初めて聴くお話が沢山あったり、ナマの生きてる歴史を感じれてる様で嬉しかった。

岡山・足守

岡山・足守


その後に吟風閣でお茶をいただいたりしながら、お昼過ぎから安富才輔さん墓所ガイドツアーに同道させていただく。
今回、初めてお参りさせていただく事が出来て、とても嬉しかったです。
本当にありがとうございました。
長倉さんが解説されるのを聴きながら、当時に想いを馳せる~。

その後は侍屋敷で投扇興という江戸時代から伝わる遊びを見たり、近水園で集合写真を撮ったり。。。

夕方4時頃に解散で、行く時と同じく長倉さんご夫妻、お孫さんと、もうひとり県外から来られてた方と共に岡山駅まで送っていただいたのですが、途中、緒方洪庵誕生の地に案内していただけました。

こちらにも桜が。

緒方洪庵誕生の地

緒方洪庵誕生の地

緒方洪庵先生の碑と顕彰の銅像があります。

説明板によりますと、洪庵は足守藩士の末子で、文化7年(1810年)に、ここにあった屋敷で生まれたそうです。
大阪で和蘭医学を修めた後、21歳の時に江戸に出て、坪井信道、宇田川玄真に蘭学を学び、天保7年(1836年)に長崎で蘭医ニーマンに学ばれたそうです。
天保9年(1938年)に大阪で滴塾を開き、集まる門弟は3千人と称せられ、大村益次郎、福沢諭吉、大鳥圭介などもその塾生であったそうです。
文久2年(1862年)幕府奥医師兼西洋医学所頭取になりましたが、翌3年6月10日に江戸において54歳で病没されたそうです。


恥ずかしながら、私はドラマのJINで初めて知ったという程度の知識だったんですけども、実は安富家とも遠縁ではなかったのかというお話を聴いたり、大鳥さんが学ばれてたんだ!と知ったり、歴史は色々な所で繋がってるんだなという面白さや、飛行機も新幹線も無かった時代に、とてもとても行動力のある方だったんだと知る事が出来て、本当に良かったです!


岡山駅に到着した後は県外から来られてたお二人の方とお茶をして、普段、新選組や歴史好きの方とお話する機会も余り無いので、とても楽しかったです(´∀`*)

その後、新幹線に乗り、夜9時過ぎに帰宅~。
この日は朝4時半起きだったのでちょっとお疲れでしたが、今回、参加をさせていただく事が出来て、本当に良かったです。
本当にありがとうございました。 
編集[管理者用] 
 
 
Copyright © 2018 ルリ ノ ナミカゼ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。