FC2ブログ
新選組・土方歳三・日本映画・三池崇史・THE STREET BEATS・横道坊主・素敵なもの探し
http://lmnsky.blog64.fc2.com/
admin  

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

藍鉄

Author:藍鉄
藍鉄と申します。
日本映画好きで、三池崇史監督好き。映画の感想等書いてます。
新選組、土方歳三さん好きで、史跡巡り等もしています。
歴史のあるものを感じると癒されるこの頃・・・。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



海自等、イベの写真等も。
2007年以前の艦の写真部屋

他ブログから引越しの為、以前の写真のサイズが一部不揃いになっております(謝)

つぶやき・・・

Twitter ブログパーツ

検索フォーム

月別アーカイブ

05  12  07  04  12  11  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

歴史関連リンク

【土方歳三資料館】


【井上源三郎資料館】
【日野市観光協会】
【新選組屯所 旧前川邸】
【土方歳三函館記念館】
【函館 五稜郭タワー】

【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】




Sisiya(志々屋)さんのサイトです♪ 新撰組・坂本龍馬・高杉晋作ほか、幕末や和をイメージしたオリジナルの作品紹介や展示ショップのご案内、幕末関連の史跡めぐり訪問記などを紹介されています。 1点1点、手造りのブックカバーがとても素敵です!!



読書カレンダー本棚

Powered By ソーシャルライブラリー

MoonAge

カウンター

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2010.09.18/ 20:24(Sat)
「悪人」

妻夫木聡&深津絵理主演の映画「悪人」を観て来ました。
受賞効果なのか、お客も沢山入ってました。
年齢層は若めですが、年配の方もチラホラ。

妻夫木くんが妻夫木くんと思えない位の暗い目にボサ気味の金髪に似合ってない服装で登場して来ます。
暗い妻夫木くんは「どろろ」以来かな?
人の良さそうな彼がそおいう役をやるというのが、意外性があって、観る人の興味を引くんじゃないでしょうか。


この映画は好きか嫌いかで言えば、質感とか肌触りみたいなものが、私の "好き"とは遠い感覚なのですが、描こうとしているものや、不条理さや救い様の無さとか、人の醜い部分をちゃんと描いてるというのは、私は好きでした。

その分、後味は悪いし、はっきりとした結末(答え)は用意されずに、観終わった後にその人自身で考える事になると思います。


タイトルの「悪人」ってとてもインパクトがあって、それは人を殺した主人公の事で、その後の逃亡劇を描いている物語なのかと思っていたのですが、全然違う。
誰が悪人なのか?というコピーもありましたが、この物語に完全な善人や悪人は殆ど出てこない。
どちらかと言うと、悪人が多い。と言うか、嫌な人間が多い。
人を殺した祐一は悪人ですが、完璧な悪人ではなく、朝早くから働いて、仕事の後には身体の不自由な祖父の面倒を見る、普段の生活から見れば、殺された女の子の方がよっぽどの悪人に見える様な、そおいう青年。


子供の頃に両親に捨てられて、地方の閉じ込められた小さな空間の中で、一生懸命生きてても、誰にも認められない。蔑ろにされる。
誰も自分の言う事なんて信じてくれない。その孤独ゆえに人とつながりたかったのかな。

光代も生まれてからずっとこの町から出ずに、子供の頃から働いてる今もずっと同じ道沿いを行き来するだけの毎日で、歳も30過ぎ位なのかな?
笑顔で振舞っていても憔悴感や、これからもずっとこの日々が続いていくんだろうかという絶望感を感じてて。

そおいう2人が出会い系サイトで出会って、強く惹かれ合って、でも祐一は人を殺した後で、絶望しか待ってないとわかってるのに、ただ一緒にいたいと、そおいう想いで逃避行が始まるのかな。


この映画は脇役にいたるまで、周りの役者さんが皆良かったと思います。

特に!殺された女の子の両親役の柄本明さんに宮崎美子さん、祐一の祖母役の樹木希林さんの姿。
この3人は数少ない善人でした。

娘が殺された現場に来て語りかけてた柄本さんが、娘の幻?を見て、お前は悪くないよと言って、娘の頭を撫でる場面、思わず泣いた~。
殺されても仕方がない様な傲慢で人を傷つけても全く気づかない女の子だったけど、表情を見てると、彼女もただ寂しかっただけなのかなとも思えたり。

後姿を見ているだけで、想いが伝わって来る様な樹木希林さん。
バスの運転手さんの言葉も思わず泣いた。
すべてが終わった後に、深々と頭を下げる姿で、全てを背負う覚悟や想いが伝わって来ました。
あの人達みたいなのが、本当の意味で強い人間だと思いました。


嫌~な大学生役の岡田将生さんも、「告白」に続いて、よくこんな役を引き受けたな~と思う様な役柄だったのですが、人を笑ってしか自分を守れない卑怯な人間をホントに嫌なヤツに演じてました。


最後に、すごく響いた柄本さんのセリフ。
言い回しとかは覚えてなかったので、検索して、原作からのセリフを引用してみます。

---------今の世の中、大切な人もおらん人間が多すぎったい。大切な人がおらん人間は、何でもできると思い込む。自分には失うものがなかっち、それで自分が強うなった気になっとる。失うものもなければ、欲しいものもない。だけんやろ、自分を余裕のある人間っち思い込んで、失ったり、欲しがったり一喜一憂する人間を、馬鹿にした目で眺めとる。そうじゃなかとよ。本当はそれじゃ駄目とよ。----------



後味の良くなくて、人間の嫌な部分や卑怯な部分も描いてる映画としては、「告白」の様な、もう少しビートのある映画の方が好きなのですが、これはこおいう映画としてアリで、でもホント、感想の書くのが難しいっ!映画です。 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(6)
Genre: 映画 Theme: 邦画 Category: 映画
 
Comment
 

Re: あ、この映画!

あさぎさん、こんばんはです♪
深津さんの受賞のニュースは私もTVで見ましたi-228
この映画の妻夫木くんは・・・こおいう人が道の向こうから歩いて来たら、思わず避けちゃいそうと言うか、絶対に目は合わせないだろうな~という、そんな感じです。
ずっとそおいう目で見られて来たんだろうなぁ・・・っていうi-202

もう1回観たら感じ方もまた変わって来たりするのかも?ですが、なかなかパワーがいりそうですi-201

NAME:藍鉄 | 2010.09.21(火) 22:51 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

桃源児さん、こんばんは!
初めましてi-228
コメントどうもありがとうございます♪

深津さんの受賞の効果か、かなりお客が入ってましたよ。
万人にオススメの映画ではないと思うのですが、映像がとても美しい場面もあったりするので、そこは映画館で観ても損は無いかな~と思いますi-234

NAME:藍鉄 | 2010.09.21(火) 22:35 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

ともたんさん、こんばんは!
9月も後半だと言うのに、こっちではまだまだ暑いですi-201
この映画は私も予告を映画館で観たり・・・本屋さんで妻夫木くんと深津さんの印象的なオビのついた原作本が並んでたり、、、でちょっと気になってたので、市内の映画館まで観にいって来ました~。

重~いです。好き嫌いは別れるかも?!です。
深津さんは明るくてサバサバしたイメージですが、これはちょっと違います。
でも、こおいう人っているよな~って言うか、余り芝居芝居してない自然な感じに見える女優さんだなと思いましたよi-228

NAME:藍鉄 | 2010.09.21(火) 22:26 | URL | [Edit]

 

あ、この映画!

深津絵里さんが最優秀主演女優賞を獲ったんでしたね!

そういえば、何かの番組で言ってましたが、この役は爽やかなイメージの妻夫木さんにはまったく合わない役だそうですね。
でも、ご自分から是非、出たいと申し出たとも言ってました。

何が善で何が悪なのか?
本当の意味で分かろうとするのは難しいという事ですね。

NAME:あさぎ | 2010.09.21(火) 13:15 | URL | [Edit]

 

深津さんの受賞で、かなり話題になっていますね。
かなり重い映画のようで、ちょっと劇場に行くのは勇気がいりそうです。
興味はあるけれど。

NAME:桃源児 | 2010.09.21(火) 09:10 | URL | [Edit]

 

「悪人」の予告は観た事あるんですけど
予告編だけじゃ何が何だかさっぱり分からなかったですけど
藍鉄さんの説明で何と無くこの映画の有り方というか
人間模様が分かりますね~
取る人に寄って捕らえ方が違ってきそうな
奥が深い映画って感じですかね?
この「悪人」は妻夫木くんが自分からこの祐一役を
ぜひさせてほしいと監督に申し出て取った役らしいですよ~
なので思い入れが深いようで舞台挨拶の時は
感極まって泣いてましたもん
柄本明さんも樹木希林さんも味のある良い名脇役ですよね~
外国ではこういう人間の内面を描いた作品が高評価されるんですかね~
(*≧m≦*)

NAME:ともたん | 2010.09.20(月) 22:51 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2018 ルリ ノ ナミカゼ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。