FC2ブログ
新選組・土方歳三・日本映画・三池崇史・THE STREET BEATS・横道坊主・素敵なもの探し
http://lmnsky.blog64.fc2.com/
admin  

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

藍鉄

Author:藍鉄
藍鉄と申します。
日本映画好きで、三池崇史監督好き。映画の感想等書いてます。
新選組、土方歳三さん好きで、史跡巡り等もしています。
歴史のあるものを感じると癒されるこの頃・・・。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



海自等、イベの写真等も。
2007年以前の艦の写真部屋

他ブログから引越しの為、以前の写真のサイズが一部不揃いになっております(謝)

つぶやき・・・

Twitter ブログパーツ

検索フォーム

月別アーカイブ

05  12  07  04  12  11  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

歴史関連リンク

【土方歳三資料館】


【井上源三郎資料館】
【日野市観光協会】
【新選組屯所 旧前川邸】
【土方歳三函館記念館】
【函館 五稜郭タワー】

【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】




Sisiya(志々屋)さんのサイトです♪ 新撰組・坂本龍馬・高杉晋作ほか、幕末や和をイメージしたオリジナルの作品紹介や展示ショップのご案内、幕末関連の史跡めぐり訪問記などを紹介されています。 1点1点、手造りのブックカバーがとても素敵です!!



読書カレンダー本棚

Powered By ソーシャルライブラリー

MoonAge

カウンター

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2010.12.26/ 14:24(Sun)
「武士の家計簿」


「最後の忠臣蔵」に続けて観て来ました。
公開からもう大分経ってるので、もっとお客が少ないと思ってたら、休日だからか、意外と沢山の入り。
忠臣蔵は結構、泣いたりする感じで、、、予告編を観てコメディチックだったこの映画を後にしといて良かったなと思ってたのですが、これも、中盤以降は、ちょっと切ない。。。
涙の出る映画を2本続けてというのは、やっぱりちょっと体力を使います (~_~;)

親子3代の物語です。
3代目の息子が大人になった頃には鳥羽伏見の戦が起こり、時代が変わります。
それまでの価値観も変化して行きます。

代々、加賀藩の経理に関わる御算用者として勤め上げて来た猪山家の八代目の直之(堺雅人さん演じる実在の人物)が登城し、勤め始める所から物語は始まります。

”そろばん馬鹿”と裏では陰口を叩かれたり、不正を許せない正義感からというより、数字が合わないと気持ち悪いという感覚で、藩の不正な米の流れを追求して、上司に煙たがられ左遷もされそうになるという、そおいう生真面目な性格。
でも、人は良い。

中村雅俊と松坂慶子という配役の両親。
やがて、仲間由紀恵さん演じるお駒と結婚し、娘と息子が生まれます。

そろばん侍と馬鹿にされたりもしながらも、猪山家は代々そろばんと書をお家芸として、それを糧として生きて来たのだからと、息子の成之にも厳しく躾け、成之は自分の大好きな祖父が死んだ夜にも、葬儀の費用の算段にそろばんを弾く父の姿に反感を持ったりもします。

やがてその成之も結婚し子供が生まれますが、それから程なく、鳥羽伏見の戦に加賀藩も幕府側として参加、成之も出兵して行きますが、加賀藩は戦には直接関わらず帰還しますが、成之は行方知れず・・・。


結局、成之は大村益次郎に「これからの時代は君の様な人間が必要だ」と、経営管理の能力を買われ勤める事になるのですが、代々、加賀藩に勤めて来た父親の意に反する様な、、、でも、その父親が厳しく躾けてくれたおかげで、新しい時代に身を置く事が出来、生きる術を持つ事が出来た、という、、、


やがて、海軍に勤める息子が加賀に里帰りをしますが、年老いて余り歩けない堺さんを背負って、子供の頃に拾ったと嘘をついた四文銭を夜中に戻しに行かされた川原を歩く。
あの頃とは変わった町の風景や人々の姿。

「私は父に背負われた記憶がない」と成之は言うのですが、「子供は忘れているものです」と答える母役の仲間さん。
観ている人には、前半の「鯛じゃ鯛じゃ!」の場面での姿が印象に残ってますもんね・・・。
堺さん演じる直之は、武士としての見栄よりも、実質、家族(猪山家)がこれからも生きて行ける事を1番に考えて、実行した人なんだろうな。

この映画は親子3代に渡る時代劇のホームドラマの様な、でも、時代の変動も描いてて、映画の予告で観る様な明るいばかりの物語では無いです。
終わってみれば、刀ではなく、直之が大事にしたそろばんと書のお家芸が、ちゃんと家族を守ってた~。

誠実に生きる事が、例え時代がどう変わっても、結局はその人を救う事になるんだなと言うか、そおいうものが結局は大切なんだなと、悲哀もありながら、感じさせる物語でした。

堺さんのどこか憎めない穏やかな感じが、この映画にとても合ってたと思います ^ ^ 
スポンサーサイト
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(4)
Genre: 映画 Theme: 邦画 Category: 映画
2010.12.26/ 00:45(Sun)
「最後の忠臣蔵」


先日、近くのシネコンの会員デーに「武士の家計簿」と掛け持ち~で観て来ました。
なかなか評判も良いみたいで期待してたのですが、期待以上というか、、、
映像も演出も、役者さんの演技や脚本も、今年観た映画の中ではかなり上位だと思いました。

「桜田門外の変」が私にとってちょっと今いちだったので、他の時代劇映画と呼ばれるものはどうなんだろーと心配したりしてたのですが、回復!!

ネタばれが少しあるかもなので、これから観られる方は読まれない方が良いかも


結構、泣きました。
最初は佐藤浩一さん演じる吉右衛門から物語が始まって、16年間かけて、散りじりになってしまった四十七士の遺族を訪ね真実を伝える旅を終えた途上で、かつての親友であり討ち入り前夜に逃亡したと言われていた役所広司さん演じる孫左衛門を見かける所から、物語が動き出します。

この映画の大石内蔵助がね、すごい良かった~。
(歌舞伎役者の片岡仁左衛門という方らしい・・・)
滲み出る徳があって、その人となりを感じると、孫左がそこまでの忠義を尽くすのも納得だし、短い時間でも内蔵助が討ち入りを果たした忠義もちゃんと伝わって来て、その後の物語が厚くなってたと思う。。。


役所さんは「十三人の刺客」に続いて時代劇の主役で、タイプ的には全然違うのですが、表には表さないけど秘めた強い想いだとか、、、16年もの間、自分が命惜しさに逃げた卑怯物とかつての同士からも蔑まれながら、それでも内蔵助の最後の頼みを守る為に、同じ生き残りである吉右にも命を賭けてでも決して真実を話そうとしない徹底した忠義には、誰もが心動かされるんじゃないかな。。。

佐藤さんはどちらかというと抑えた感じの演技だと思ったけど、この映画は役所広司と佐藤浩一という二人の役者が揃ったからこそ、実現した映画だなという気がします。

二人の対峙の場面が見せ場だったと思うし。

同じ様に生き残った二人の赤穂浪士が、辿った結末は違ったけれど、それは生き方の違い、、、で、でも、あの後、吉右はどおいう生き方をしたんだろうとか、考えてしまいました。


出てくる役者さんが皆良いな~と思って観てたのですが、内蔵助の忘れ形見で、内蔵助に頼まれて孫左が密かに大切に育て来た娘役の桜庭ななみさんが、初めて拝見したのですが、とても良かった!!
とても綺麗で可愛らしい人なんですが、ひとつひとつの反応や言葉使いだとかが、ちょっと、観ているこちらの想像とは違うとこに行くというか・・・(それで、なんだか目を離せない)
役所さん相手の場面が多かったんですけど、すごい自然だった。


その娘の嫁入り行列の場面で、絵に描いた様に(映像で描いてるけど 笑)次々とかつての赤穂藩士や、孫左を罵ったりしていた人物が土下座をしてまで非礼を詫び、内蔵助の忘れ形見の娘のお嫁入りに同道させて欲しいと願い出て来て、最初はちょっと寂しかった行列が、嫁ぎ先に着く頃にはとても立派なものになって行くのが、やっと孫左の想いも救われた様でホッとしたり、沢山の人に祝福される娘さんの姿にも感動したりするのですが、ラストはそれでは終わらないんですね。。。

なんか、ホントの忠義を見たという気がしました。
私にはそおいう忠義の心って、ホントにはわからないと思うんだけど、でも、見た気がした。


2時間と少しの上映時間なのですが、あの雪の夜の討ち入りの場面も少し描かれてます。
「最後の忠臣蔵」というタイトルにとっても納得の映画でした☆彡 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(2)
Genre: 映画 Theme: 邦画 Category: 映画
2010.12.19/ 20:02(Sun)
京都の旅3日目、最終日。
少しは京都らしい所にも行っとこー!という気分になって、まずは清水寺へ。

清水寺
清水寺


清水寺は坂上田村麻呂が約1200年前!に建立したものなんですね!
こんな建築物をそんな昔に造る事が出来て、それが今も残ってる事が凄~い。
世界遺産も大納得。
田村麻呂といえば「新・帝都物語」に登場した人だ~!と思ってたら、アテルイとそのお母さんの慰霊碑もちゃんとありました。


アテルイ


余りご利益とか気にしない方なので、音羽の滝や地主神社もスルーで、産寧坂へ。
途中、明保野亭前、ニ年坂を通り、霊山歴史館へ。


ryouzenn.jpg

1年振りにあの坂を登りましたが、人が多かった。
1年を通してやってた「大龍馬展」の最終期だったのですが、新選組関連の展示も前回(去年11月)に来た時よりも多かった気が。
土方さんや総司関連のものは複製が多くて(日野で見たものが多かった)
近藤さんが屏風に描いた漢詩の書や、甲府での闘いの姿を描いた錦絵を初めて見れて嬉しかった。
島田さんの几帳面な綺麗な文字で書かれた隊士の名簿録や、島田魁日記は上巻は近藤さんの戒名の書かれた項が、下巻は土方さんの最後の闘いを描いた場面が開かれていました。
やっぱりちょっと切なくなる~。

他にも、初公開の慶喜や山内容堂、松平春嶽の詩書もありました。

1階に降りて、お土産コーナーで、ながたみどりさんの描かれた、池田屋事件のポストカードのセットや、土方さんメモ帳等を買いました♪
お姉さんがちゃんと "さんづけ”で対応してくれるのが嬉しかった。

20101219195411.jpg



再び坂を下り、八坂神社の中を通ってみて、東大路通からバスに乗り南禅寺へ。
ちょっと道に迷って、野村美術館の裏の道を通ったのですが、そこがすごく落ち着いた京都らしい綺麗な街並みでした。
枝垂れ桜の樹があって、桜の時期もとても綺麗そう。。。

そこからすぐ南禅寺に到着。
有名な山門は、今まで観た中で1番大きかった。石灯篭も巨大。
私は煌びやかなものより、質実剛健とか武骨なものが好きなのかもと、今回の旅で感じました。
レンガ造りの水路閣の上に登ってみたり、庭園を見学したり・・・。

南禅寺
nanzennji.jpg

橋の上を水が勢い良く流れてます。

南禅寺
南禅寺
南禅寺

池の中に沢山の紅葉が落ちてて、綺麗だったんですけど、写真では難しい (~_~;)
どこも人が多くて、人が映り込まない写真を撮るのは大変。



そこから、永観堂の前を通り(時間的に今回は中に入らず・・・)ちょっとだけバスに乗って銀閣寺へ。
ここはまた観光地パワーだったけど、建築物に興味ありありな私は、金閣寺も含めて、こおいう所はお庭を含めた景色として観るもんなんだなと、やっと気づく(~_~;)


銀閣寺
銀閣寺



時間的に16時を少し回った所で、そろそろ京都駅に戻らねばな~と、ここを後にしました。
京都までは道がコミコミで1時間位?
お土産を買って、窓口に行くと長蛇の列。
山陽新幹線が事故の影響でダイヤが乱れてたらしく、なんとか40分位後の指定席が取れて、帰途に着きました

2泊3日の駆け足の旅だったけど、私はやっぱり幕末の匂いを感じれる所の方が落ち着くし、好きだなって感じました。
新しい友達にも会えたし、そおいう出会いも大切にしていきたいなー!と感じました 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(8)
Genre: 旅行 Theme: 史跡巡り Category: 新選組と幕末の旅
2010.12.16/ 00:30(Thu)
12月の10日から12日まで京都の旅に行って来ました♪

今回は簡単に訪れた所の紹介などを

1日目、午後1時過ぎに京都に到着。
紅葉シーズンはもう終わりなのに、すごい人~。
時間も余り無いし、行く所は限られるなと迷いつつ、北西?寄りの金閣寺と龍安寺に。

金閣寺


1番有名なショットからなんですけど、やっぱりここからが1番綺麗かも。
金閣寺の人の多さに驚き、龍安寺でちょっと回復しました。


龍安寺
龍安寺
龍安寺


お寺は写ってないんですけど・・・。
観光地パワーにちょっとびっくりして、次の日は予定を変更して、史跡巡りをする事に。


2日目。
光縁寺の前を通って(旧前川邸がまだ開いてなかったので)まずは壬生寺へ。
壬生塚にお参りしてから八木邸へ。
説明して下さる方それぞれにエピソードが違うので、どんな人に当たるかが大きいかな。
その後、旧前川邸へ。
土方さんの来年のカレンダーや、1点1点手づくりのブックカバーとかを買う♪
デザインや色で選んで、後で見たら、斉藤さんをイメージしたものだった

その後、二条城へ。

京都 2010.12.10~12 110


雨が降ったり止んだり。
初めて城内へ。大政奉還が上表された広間等、色々と感慨深く、広間ごとに違う襖絵や天井が美しかった。
当時なら一般の人間がとても入れる所ではないですもんね。
その場にいる事が出来て、少しでもその空気を感じれるのが嬉しかった!
中は凍える様な寒さでした。
当時はどうしてたんだろう?

二の丸御殿の敷地の隅の方にこんな釣鐘があり、なんだろ~と近付いてみる。

京都 2010.12.10~12 116


説明板によると、この釣鐘は幕末の政変の時期に、二条城と北側の所司代との連絡に使われていたそうです。
幕府の政務の場であった二条城と所司代は幕末の混乱の中、朝廷側との政争で緊迫しており、薩摩・長州など朝廷側の動向に備え、鳥羽伏見の開戦など非常時の連絡を告げ、住民にも知らせるため鳴らされたものだそうです。
こんな歴史を見ていた物が、片隅にひっそりと置かれているのに驚き~と、ちょっと、お疲れ様でしたと言いたい様な気分になりました。



お城を出てから、周辺石碑を巡る。
所司代の屋敷跡や奉行所跡碑、六角獄舎跡碑、新門辰五郎さん縁の来迎寺等に行く。

京都 2010.12.10~12 173

六角獄舎跡碑は建物の敷地内にあるので、外からはわかりにくく、前をウロウロ。



京都 2010.12.10~12 168

辰五郎さんは江戸の町火消しで、慶喜の入京に従って200名の子分を連れて上洛し二条城の警護をしたり、後に慶喜の身辺警護もされた方だそうで、この来迎寺を宿所とされていたそうです。
こおいう人もおられたんですね~。


京都 2010.12.10~12 178

所司代屋敷跡碑や奉行所跡碑等が二条城の周辺にあります。

この頃、結構雨足が強くなり、コンビニで傘を買って、差しながら写真を撮る(~_~;)
1度ホテルに帰ってから、夕刻、池田屋跡へ。
京都の友達と池田屋の中へ。
昼間は来た事があるんだけど、夜は初めて~。
土方さんカクテルの綺麗な青にメロメロ~(~_~;)
お隣のピンクのカクテルは「総司の涙」と言って、隊士の名前のついたカクテルの中では斉藤さんと並んで強めなんだそうです (~_~;)

ikedaya.jpg


三条大橋で刀疵を探したり、アイスを食べたり~で、12時近く?に京都駅でお別れしました。
楽しかったです~(#^.^#)
ホントにありがとう~

思ったより長くなったので、その2に続きます。 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(4)
Genre: 旅行 Theme: 史跡巡り Category: 新選組と幕末の旅
2010.12.09/ 19:56(Thu)
明日から12日まで、京都の旅に行って来ます
個人的なテーマは ”素敵なもの探し”で (~_~;)
実現するでしょうか?!!


来年からNHKのBSでだけど「新選組血風録」がドラマ化されるそうですね~!!
(観れないけど・・・
主役の土方さんを演じるのは永井大さんだそうで、、、

バラエティとかで時々見かける、特撮出身の若手の俳優さん?という位の認識しかないのですが、、、
取り敢えず、近藤さんとか、他の配役が気になります。

でも、司馬さん原作のちゃんとした新選組のドラマが作られるというのは嬉しいです 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(6)
Category: 日常
2010.12.01/ 01:52(Wed)
ここ数日すっかり寒くて、早くupしないと季節が変わってしまう (~_~;)

先日、広島市中区の縮景園に行って来ました。
季節の変わり目等に風物詩として、地方のニュースで必ず紹介される所です。
桜の時期もとても綺麗なんですけど、今は紅葉が見所かなと、1度見てみたかったので、お天気の良い日に行って来ました。

秋らし~い写真が撮れたので、気に入ったものを何枚か紹介させて下さい


縮景園
縮景園


すごい街なかです。
広島駅から徒歩10分位かな。
そんな所にこおいう景色があるって素敵だなと思いました

園の真ん中に池を造って、大小10余りの島を浮かべて、周りに山を築いて、渓谷、橋、茶室等を配置して、それらを巡る様に池の周りに路が配置されていて、回遊式庭園と呼ばれるものだそうです。
江戸時代の初期に最盛期を迎えた形式で、諸大名の大庭園の多くはこれに所属するそうです。

この縮景園も広島藩主・浅野長晟(ながあきら)が入国した翌年の元和6年(1620)から、別邸の庭として筑成されたそうなのですが、昭和15年(1940)に浅野家から県に寄付され、でも、5年後の昭和20年に原爆によって壊滅状態になったそうです

そこから、戦前の景観に復すべく尽力されて、今のこの立派なお庭があるそうなのですが、園内の建物とかは再建されたものなんですよね。
それを思うと、やっぱりちょっと残念です。
広島の市内って原爆で焼かれてしまってるので、歴史のある建物が余り残って無くて、それがとても残念だし、人の命だけじゃなくて、文化とか人の生きてきた足跡みたいなものも、灰にしちゃうんだなと思います。


縮景園
縮景園
縮景園

花嫁さ~ん。
和服に紅葉って似合いますよね。
粋な和服姿の男性とかもおられて、外国人観光客の方に写真をお願いされてました。


縮景園
縮景園
縮景園
縮景園
縮景園


水面に紅葉や緑が映りこんで、とても美しかったです。
鯉が沢山泳いでて、時折、水を跳ねたり、鴨が池の中央辺りで泳いでたり。
こおいう所が近くにあったら、すごい癒されそ~です。 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(8)
Genre: 地域情報 Theme: 広島 Category: 日常
 
 
Copyright © 2010 ルリ ノ ナミカゼ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。