FC2ブログ
新選組・土方歳三・日本映画・三池崇史・THE STREET BEATS・横道坊主・素敵なもの探し
http://lmnsky.blog64.fc2.com/
admin  

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

藍鉄

Author:藍鉄
藍鉄と申します。
日本映画好きで、三池崇史監督好き。映画の感想等書いてます。
新選組、土方歳三さん好きで、史跡巡り等もしています。
歴史のあるものを感じると癒されるこの頃・・・。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



海自等、イベの写真等も。
2007年以前の艦の写真部屋

他ブログから引越しの為、以前の写真のサイズが一部不揃いになっております(謝)

つぶやき・・・

Twitter ブログパーツ

検索フォーム

月別アーカイブ

05  12  07  04  12  11  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

歴史関連リンク

【土方歳三資料館】


【井上源三郎資料館】
【日野市観光協会】
【新選組屯所 旧前川邸】
【土方歳三函館記念館】
【函館 五稜郭タワー】

【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】




Sisiya(志々屋)さんのサイトです♪ 新撰組・坂本龍馬・高杉晋作ほか、幕末や和をイメージしたオリジナルの作品紹介や展示ショップのご案内、幕末関連の史跡めぐり訪問記などを紹介されています。 1点1点、手造りのブックカバーがとても素敵です!!



読書カレンダー本棚

Powered By ソーシャルライブラリー

MoonAge

カウンター

Topへ戻る

2010.06.24/ 19:30(Thu)
薄桜鬼、やっと第12話を観ました~。
取り敢えず、第2期?決定オメ!です。
また秋から、あの土方さん達に会える~。
でも!今回、源さんに山崎さんが死んでしまって史実通りに行けば、亡くなる人が沢山なので、ちょっとツラそうです・・・

でも、土方さんの声が良い声だな~と思えて来た。
総司が1番イメージが違ったんですけど、なんか、この総司も可愛く思えて来ました


今日から参院選がスタートですね。
世論調査等を見ると、今だ民/主/党が強いみたいで、今この時代に売国政策の民/主を支持するとか、国を壊すみたいなもんだと、歴史好きで、沢山の人の命の上に今の日本がある事を考えると、そおいう先人の想いも汚す様で、腹立たしい思いになったりもします。 
スポンサーサイト
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 日常
2010.06.19/ 19:43(Sat)
「RAILWAYS」

今月は日本映画を立て続けに観ている感じなのですが、今日は「RAILWAYS」49歳で電車の運転士になった男の物語 を観て来ました。

地味そうな映画だなぁ・・・と、きっとお客も少ないんだろうなぁ、と思ってたら、意外と幅広い年齢の方が沢山来られてて、年配の夫婦の方とかが多い印象でした。

地味・・・だけど、とても映画らしい映画と言うか、「おくりびと」でも感じたけど、人の心の機敏を丁寧に描いたり、日常の中の風景を美しく切り取ったり、日本映画の良い所が出てる映画だと感じました。

中井貴一さん主演の時点でとてもリアリティがあるし、エンケンさんとかも登場すると、その感が一層強くなるのですが、主人公が決意を固めてから、島根の美しい風景の中で展開される物語は、一種、ファンタジーの様な、、、
人間の生死も描いてるしヘヴィーだったりもするけど、どこか人の心の温もりを感じれる物語で、客席も年配の方が多目だったからか、ベタなギャグに笑いが起きてたり、鼻をすする音があちこちから聞こえたり・・・こおいう感じはちょっと久し振りでした。


甲本雅裕さんがまた良い味出してた~。
存在感とか雰囲気が自然と滲み出る役者さんが揃ってて、それも魅力的でした。

中井貴一さんはやっぱり上手いなぁ、と言うか、自然なのに、どんな役柄もハマってるなと思ったり。
敬礼姿はさすがに綺麗だし。
壬生義士伝の南部弁で演じてた吉村貫一郎も印象に残ってます。


今年は秋から年末にかけて、観てみたい日本映画が色々と多くて、とても楽しみです。 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Genre: 映画 Theme: 邦画 Category: 映画
2010.06.16/ 22:14(Wed)
「薄桜鬼」、ずっと観れてなかったのですが、、、今日やっと7話から11話まで纏めて観ました。
最初の頃は土方さん、カッコいい!!という感じだったのですが、なんか段々と可愛く見えて来ました
やっぱ、この土方さんは美人さんだ。
平助がやたら可愛く見える。
次週で最終回なのかな??
だとしたら、全然尺が足らないですよね~。
続編あるのかな?
ヘビーになってくので辛いかも・・・ですが、函館まで見てみたい気がします。


それと、またしても、ちょびっと出演だった龍馬伝の新選組。
(物語的にはそれは当然でしょうが・・・)
土方さんがしゃべった~~!!!
でも予想に反して、顔の映らない声だけ・・・
でも、なかなかハスキーな色っぽい声だったので、この松田土方さんが、ちゃんとしゃべってる所も見てみたいです
総司もやんちゃな感じで可愛かったし、泰造近藤さんもなかなか渋かった!
新選組の出演場面だけDVD欲しいかも。
これからも、ちょこっと出番はありそうな感じですね。
どんな描かれ方をするのか、まだ未知な所があるので、ちょっと不安な部分もありますが
新選組がこれからも出るなら、甲子太郎さんとかとの絡みかなぁ、という気がします。 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 日常
2010.06.15/ 23:14(Tue)
アウトレイジ

「告白」に引き続き、後味の悪い映画です
まぁ、後味悪いのは嫌いじゃないんですが。

今まで映画館でたけし監督の映画を観た事が無かったので(出演作はあるのですが)今回、馴染みのある役者さんも沢山出てるしなー、と、行って来ました。

中盤位まで、淡々とした感じ。
そんな奇をてらった様な演出があったり、カメラが動いたりするわけでなく・・・。
でも一人目が死んでからは、怒涛の死人ラッシュという感じでしょうか・・・。
あそこまで皆が皆死にまくる映画とは思いませんでした

私はVシネとかを見慣れてる方だったので、抗争の関係とかはまだわかり易い方だったと思うけど、それでも頭の中で相関図を描きながら見ないと、人間関係がちょっと??になりそうな気もしました。

悪人しか出ない映画だけど・・・誰が1番の悪人なのか・・・?!
で、そう来たか、という感じです。

妖怪並みに(誉め言葉です)個性のある役者さんが大勢出てたので、そおいうのを見るのも面白かったです。

鮮烈と言うよりは、そのまま残酷という感じで、例えば三池監督の様に、暴力シーンの中に同時に異なるものが存在しているような、対照的な感覚の全く無いバイオレンスでしたが、皆が皆、非道なので、それはそれで面白く観れたと思います。 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Genre: 映画 Theme: 邦画 Category: 映画
2010.06.14/ 22:41(Mon)
「告白」

松たか子さんは演技が上手くて好きなのと、監督が「下妻物語」の中島哲也監督という事と、TVスポットを見て、なんか面白そうだな~と思い,観に行って来ました。

意外と沢山お客さんが入っててビックリしてたら、興行成績が1位だったりしたんですね。
そんなに派手な宣伝をしているワケでないし、R15指定なのに・・・と考えると、これは口コミの影響だったりもするんでしょうね。


面白かったですー。
映像は綺麗だったし。
「告白」と言っても、松たか子演じる教師の、娘はこのクラスの生徒に殺さました~との告白だけではなく、関わる人達の心の内の告白を絡めながら、真実がわかってく。
でも、誰かの目にはそう見えていたものが実はそうでは無かったりを繰り返しながら・・・、犯人である少年Aと少年Bはかなり早い時間に判明するのですが、そこから本当に物語が始まってくという感じでしょうか。

岡田将生さん演じる親切そうな熱血教師の、実は何も見えてない何もわかってない、自己満足だけの滑稽な姿を見てると、こおいう人ってよくいるよな~と思ったり、根っからの悪人は本当は余りいないんだろうけど、少しずつ擦れ違って、最悪の結果を辿ってったかなぁ、、、という感じです。


後味は良くないです。
映像も結構、残酷と言うかエグいし、怖さもあります。
この映画が命の大切さを訴えてるとは思わないけど、奇麗事を並べてるよりは、人に伝えたり、考えたり感じたりするきっかけにはなると思います。

それとやっぱり、リアルに中学生以下の人達は観ない方が良いかな~という気がします。
一概に年齢で括れませんが、自分の肉を切れば血も出るし痛みを感じるという事を、ちゃんと心でわかって、理解している人の方が良いと思います。
肉体的な事だけじゃなくて、心の面でです。 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Genre: 映画 Theme: 邦画 Category: 映画
2010.06.09/ 22:10(Wed)
リカバリの憂き目に遭ってました

写真とかブックマーク、メールとかの最低限のバックアップは取ってたので、まだ良かったのですが、パソコンに疎いので、時間はかかりました

+外付けのHDDが何故か急に認識されなくなって、フォーマットしてから別のトコからまたバックアップしたり、疲れました
でも次に同じ事があっても、またやり方を忘れてるんだろうなぁ


今日はカラッとしてたけど28度位?あって、最近は昼間に出歩く事が余り無かったので、暑く感じました。
もう日傘は必需品な感じですね。
半袖でも良い位だけど、しばらくはまだ長袖や七分袖位でがんばります。
今週の土曜は久し振りにビーツのライブだし、熱い&暑いだろうから、身体と心を鍛えて行かねばー!!ですね

久々に届いた幕末本です。
(やっぱり土方さん本だけど
楽しみです

hon.jpg
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 日常
2010.06.08/ 21:38(Tue)
タイトルそのまんま・・・でしたね。
龍馬が神戸から京都まで、まるで2、3時間で到着している様な描写で、これは池田屋事件に絡ませようとムリした結果だと思うのですが、まぁ、池田屋事件は幕末を語るには欠かせない事だと思うし、新選組の姿を見る事が出来て、私にとっては良かったかな、という感じです

ただ、来週の最後の?出番でどんな描かれ方で締めなのかが、ちょっと不安な気もします。

殺陣はやっぱり見たかった気がしますが、、、あれはあれでインパクトは充分あったし、どちらが正しくてどちらが間違っているのかだとか、今の時代の人間が安直に言う事が出来ないとわかってる人には、充分に伝わる描写の様な気がします。

私はメディアとか大多数の人間がこうだと言っている事も、まずは本当にそうなのか?と疑ってみる所からかかる人間だし、それらがいつも正しい事を言うとは信じてないタイプなので、この龍馬伝もフィクションはフィクションだと割り切って、実際の龍馬とこの龍馬が近いとはとても思えないのですが、福山さんは熱演してると思うし、ドラマとしては繋がらなくても、場面場面では面白かったりもするので、もう少し続けて見てみよ~と思います

でも~、私が好きくない西郷隆盛とかが出て来たら、見続ける自信がちょっと無いかも


話が大分逸れましたけど、今回、初めて?土方さんのちゃんとしたUPがあったし、小唄を歌ってる総司も異質な感じで面白かったです。

でも、池田屋の中であんなに人は殺されてないゾ~と思ったり、土方隊が駆けつけるまで踏み込んだのはたった4人だったから、捕縛は出来ずに向かって来るものは斬るしかなかったんだよなと思ったり、近藤さんもたった4人で踏み込んだ時点で、自分の命を懸けてた訳だから、志や幕府に対する忠義心があった筈だし、そおいう部分は全く描かれていないので、知らない人や知ろうとしない人には伝わらない表現だと思ったりもします。

まぁ!来週の締め具合で
でもまた、あっさり描写なんでしょうね 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 日常
2010.06.02/ 22:54(Wed)
「ゼブラーマンⅡ」は2度目を観に行く前に上映終了してしまったのですが
興行はイマイチだったみたいで、早かったですね~。
1日1度の上映では、やっぱりなかなか時間が合いません

が、次の三池崇史監督作品「十三人の刺客」の公開が9月25日に決まり、公式サイトがオープンしてました。
「十三人の刺客」公式サイト

1963年の工藤栄一監督作品「十三人の刺客」のリメイクだそうなのですが、オリジナルは未見です。
「IZO」以来の時代劇~で、筆頭老中が異常性格と暴虐ぶりが幕閣の知る所となった将軍の弟でもある明石藩主の暗殺をタイトルの13人に命じるという話で、ラストの13人対300人超の対決が見せ場の作品の様です。

でも、「IZO」も確か2時間の映画で200人位の人が斬られる、ある意味、最凶の映画だったので、少々の毒は大丈夫・・・と言うか、どんと来い!!という感じです

まだちょっと先だけど、とても楽しみです。


龍馬伝の新選組の登場シーン、何度か見直してるのですが、原田泰造の局長が思ったよりずっとカッコ良いので(目を剥き出しての、龍馬への初太刀場面とか、本気で殺しにかかってるみたい
で、バラエティで姿を見かけると、ギャップにムムム・・・っとなります 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 日常
2010.06.01/ 22:54(Tue)
拍手どうもありがとうございます
やっぱり、余り反応が何も無いのも、ちょっと寂しかったりもするので、拍手いただけると、とても嬉しいです

夏に向けて?本格的にダイエットするゾ~!と、体脂肪とかも測れる体重計を買って来ました。
数年前、ご飯を抜くダイエットで、3ヶ月で10kg位痩せたのですが、そん時から6kg位戻ってるので
半年で5kg位を目標~に、生活習慣を変えてこ~と思います。

最近はすっかり幕末モードで、このブログも幕末ブログ化?してしまってるのですが、来週は久々、ロックンロールの場所に行って来ます。
ロックンロールは自分を映す鏡だと思います 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 日常
 
 
Copyright © 2010 ルリ ノ ナミカゼ, all rights reserved.