FC2ブログ
新選組・土方歳三・日本映画・三池崇史・THE STREET BEATS・横道坊主・素敵なもの探し
http://lmnsky.blog64.fc2.com/
admin  

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

藍鉄

Author:藍鉄
藍鉄と申します。
日本映画好きで、三池崇史監督好き。映画の感想等書いてます。
新選組、土方歳三さん好きで、史跡巡り等もしています。
歴史のあるものを感じると癒されるこの頃・・・。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



海自等、イベの写真等も。
2007年以前の艦の写真部屋

他ブログから引越しの為、以前の写真のサイズが一部不揃いになっております(謝)

つぶやき・・・

Twitter ブログパーツ

検索フォーム

月別アーカイブ

05  12  07  04  12  11  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

歴史関連リンク

【土方歳三資料館】


【井上源三郎資料館】
【日野市観光協会】
【新選組屯所 旧前川邸】
【土方歳三函館記念館】
【函館 五稜郭タワー】

【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】




Sisiya(志々屋)さんのサイトです♪ 新撰組・坂本龍馬・高杉晋作ほか、幕末や和をイメージしたオリジナルの作品紹介や展示ショップのご案内、幕末関連の史跡めぐり訪問記などを紹介されています。 1点1点、手造りのブックカバーがとても素敵です!!



読書カレンダー本棚

Powered By ソーシャルライブラリー

MoonAge

カウンター

Topへ戻る

2006.06.26/ 17:59(Mon)
紀ノ国屋の本屋に寄った時に、こんな本が出てたので、思わず買ってしまいました(2500円 笑)

でも兵装やレーダーまで詳しく出てるから、勉強になるか・・・(なんの?笑)

でも、1分間に450発とか3000発とか撃てる機銃って。。。

神尾君達が懸命に手でセットしてた時代に比べると、とてつもなく技術は進んでるなぁ、、、と思う。


来春には新たにイージス艦 2艦が就役するそうだし、
200m近いミニ空母みたいな艦も 2艦建造中らしい。

皆の知らない所で、色々と進んでるみたいですね。。。
 
スポンサーサイト
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 過去ログ
2006.06.24/ 15:56(Sat)
横道のチケ、先日取って来ました♪

6:30スタートで、アクトが3バンド。。。
絶対間に合いそうで良かった。

3バンドのうちのひとつは、友達から噂?を聞いてたので、
ちょっと観てみたいんですが。。。(笑)


久々に、かっちょいい兄さん達に会えると思うと、
とっても楽しみデス!! 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 過去ログ
2006.06.18/ 02:30(Sun)
世間ではW杯の話題でもちきり?ですが。。。


私はクロアチアと言えば、、、
某バンドの「マリアのオルゴール」という曲を聴いて、頭の中に描いてたものと同じ風景が、深夜のNHKのドキュメンタリー番組の中で流れて来て。。。

それが内戦当時のクロアチアの風景で。

綺麗な小川が流れてて、石橋がかかってて、たもとの草むらには花が咲乱れてて、とっても綺麗な風景。

でも、その草むらの中にカメラが入って行くと、黒こげになった遺体がそのまま置き去りにされてる。

花が飾られた、人が幸せに暮らしてそうな民家の中にカメラが入って行くと、リビングでは銃弾の跡に、そこに暮らしてたであろう家主の人が、撃ち抜かれて絶命している。

すごいショックだった。

民族の違いで、それまで隣人として暮らしてた人や友人同士で殺し合いになった、悲惨な内戦を経験した国と言うイメージがあります。


流した血も痛みも決して消える事はないから、それとどう向き合って、どんな思いを抱いて皆、生きてるのかな。。。



「マリアのオルゴール」

マリアのオルゴール 何度も繰り返して
首のないG.I.ジョーの周りに花ビラをまく
川辺の広場にはたくさんの十字架が立てられ
朝陽と風に揺れていた血の様に赤い花
小さなサンダルが川面を流れて行く
追う事もせずただ遠くを見つめる少女

空高く踊れ 摘んだ花束は大きく宙を舞った
空高く踊れ あの娘が二度と悲しまない様に

マリアのオルゴール 悲しく繰り返す
一人ぼっちになった少女の胸の中

夢の中で俺は少女の手をひいて
戦いのない楽園へ長い旅に出た
爆撃で壊れた石橋は深い河に沈み
撃ち抜かれた肉の魂 横たわる青い影
小さな唇は小さく悲しく震え
つないだ俺の手を強く握りかえす

涙枯れるまで マリアを抱いて母親の胸思う
涙枯れるまで 泣きつかれたら深い眠りについた

夜明けの太陽を 背にして西へ向かう
緑でうめつくした 丘をいくつも超えて

夕日が沈む頃 小さな村が見えた
俺たちを待っていた老人の馬車に乗る
自由に翔ぶ鳥たちの風切る音がする
優しさに満ち溢れた人が生きる場所
おもちゃの兵隊も戦う事を忘れ
自分の愚かさに舌を出して嗤った

夢から醒めてもずっと 響き続ける
マリアのオルゴール 俺の頭の中
横には君がいて 朝陽が眩しくて
ぼんやり目ざめた 八月の暑苦しい朝

今日はひさしぶりに何もない日曜
缶ビール飲みながらピアフでも聴こうか
それとも陽だまりの公園のベンチで
太陽いっぱい浴びて1日過ごそうか?

だけど本当の俺の事は きっとだれもわからないだろう
狂った夢からつれ出してくれる
それは君とマリアのオルゴール
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 過去ログ
2006.06.16/ 22:51(Fri)
今月はもう1本、ライブに行って来る予定です。

これまた1年以上振りの横道さん。

広島で横道観るのは、実は初めてなのです。。。

私にとってのホームグラウンドは、バナナホールだったし(^-^)

今井さんはやっぱりカッコ良い!

1列目の今井さん前は常連の人が幅をきかせてるので(実・質ともに・・・笑)、うっかり近づくと突き飛ばされてしまいますが(お尻で・・・笑)

めげずに(笑)


ここ2枚位のアルバムを聴いてないので、曲がよくわからんかも知れんけど、
心に感じるものを、素直に受け止めようと思いマス♪
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 過去ログ
2006.06.15/ 23:28(Thu)
これからの季節は、暑いの&気候、気圧の変化が苦手な私にはちょいツラい季節ですが、ぶっ倒れない様にがんばらんとね(^_^;)
仕事、1ヶ月延長になりました。
大丈夫か?!(笑)


以前に劇場でも観てたんだけど、潜水艦見たさに(笑)再び、『ローレライ』を借りて来てしまいました。


以前はよくわかってなかった対潜攻撃とかも、わかる自分に驚く(苦笑)

爆発深度設定とかソノブイとか、前はわかってなかった・・・(苦笑)

米艦隊が余りに密集してるので、そんなん1発ミサイル撃ち込まれたら全滅するゾ!といらぬ心配(笑)


やっぱり『ローレライ』は旧海軍の話には見えないんだけど・・・、

でも潜水艦が浮上するシーンとかは、やっぱりカッコ良い。
探信音、心臓に悪い(笑)
こんなの実際に聞いたら恐いだろうなぁ。。。
(その後に魚雷が来るゾ!)


國村準さんが軍医役で出てたり(味あり過ぎ)、堤真一の海軍大佐は似合い過ぎ。
(東京に原爆落とそう~とするのはトンデモだけど)



『ジパング』に『沈黙の艦隊』と読むと、太平洋戦争やら自衛隊とかにちょっと詳しくなりますね(^_^;)



そうそう、『瑠璃の波風』、ブックオフで見つけて買いました♪
可愛らしい海江田艦長。。。


『太陽の黙示録』は、今週末から読んでみよ~。


そう言えば、私的にはタイムリーに?(笑)来春、呉に本物の退役した潜水艦を展示する、海自の資料館が出来るそうなので、行ってみようと思いマス!

潜水艦Tシャツとか売ったりするんだろ~か・・・(笑) 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 過去ログ
2006.06.12/ 01:30(Mon)
『沈黙の艦隊』、やっと読み終わりました(≧▽≦)


凄い物語でしたネ!!
劇中で流れてる時間は3ヶ月弱の話なんだけど、それを7年以上もかけて描かれた物語だと言う事で。

中盤位までは、海江田艦長の天才的な操艦術に驚いたり、ドキドキしながら、

中盤以降は、日本の総選挙では現代も変わらず抱えてる日米の問題や、アメリカの本音、国として自立するという事は本当はどおいう事なのかとか考えながら。


それと、核の抑止力を背景に、アメリカやロシア相手に勝ち進んでく、原子力潜水艦「やまと」の姿に、これが描かれてた時代よりも更に分散してるだろう、核兵器の事や、
日本の非核三原則の事。

核を持った国でなければ、実は核を持った国と対等に話す事が出来ないんじゃないか、という現実。

(ちっちゃい竹上首相がでっかい各国首脳に囲まれて、がんばってるのを見ると応援したくなる 笑)


政治と軍事の分離、国連の現状と限界、国家の支配を越えた核抑止力=沈黙の艦隊、の事。

兵器の生産輸出産業が実は大国に利益をもたらしてて、それを切り捨てて、軍縮&核を廃絶する事が人類には出来るのか、だとか。

他にも、国家の枠を通さない、ひとりひとりの人間とメディアの直接的なつながりとか。


とってもワールドワイドで、バカな私には上手く書けませんが、、、(苦笑)

とてもスケールの大きな話で、読み出したら止まらない位に、すごく面白いです。
(おかげで睡眠不足)


海江田が物語が進むにつれて、どんどん神々しくなってって、それを追っかける深町が、多分、防大時代と変わらぬ態度で「海江田コノヤロー」とか接してるのが、なんか後半唯一、ホッと出来てなんとも嬉しかった(笑)


全てがわかって(それでも海江田の本当の所はわからないまま)、もう1度最初から読み直すと、もっと色んな事が見えるんだろうけど、気軽に読み返すには余りに長い(苦笑)


印象に残る場面とか好きな言葉も沢山あるけど、今ふと頭に浮かんだりするのは、
ニューヨーク沖で浮上中、敵ミサイルを頭の上から受けた時の海江田の、

放たれたものが憎悪であるならば
目を開いて受け止めよう
放たれたものが憎悪以外のものであるならば
笑みをもって
受け止めよう

とか。
普通、飛んでくるミサイル眼前にして、そんな事言えない。

後、同じくNY沖で空母「J・F・ケネディ」と正面衝突して、潜航回避中の山中の、

「やまと」
目を覚ませ!
きさまァ
艦長を殺す気かー!!
の絶叫。

その後浮上しての、
艦長 命令通りです!われ 神に祈らず!!
も好き。

ヴェラザノ橋を通過する時の、ガッツポーズの場面とか。


海江田の言葉にはわかる所とわからない(理解出来ない)所があるけど、最後の国連総会の壇上に登壇しての、

有史以来
人類が手に入れた最も偉大な資産は
民主主義です!
そして
民主主義の核となる多数の意思は
有史以来変わることなく
すでに確定しています!
戦争について60億の人々に直接聞いてみるならば
その回答は 誰もが想像でき 実感できるでしょう
われわれ人類の大多数は
有史以来
戦争に反対しているのです!

とか。だったら出来るんじゃないかと思っちゃう。

他にも、

命よりも大事なものが国家であるというのならば、私は国家を嗤う!戦争を嗤う!

この時代に至っても、あなたはまだ物量の神話を信じているんですか?

われわれは・・・大丈夫・・・です


『ジパング』でもそうだけど、この人の描かれる作品の言葉って、すごい伝わって来るものが大きい気がします。。。


長編&面白すぎで、もしかして生活に支障きたす位ですが(苦笑)、これが名作だと言われるのも、すごく納得出来る作品でした。


ネタばれ~
 ↓ ↓ ↓



ラストの展開(季節の移り変わり)&奥さんの言葉で、、、
私はちょい、希望的な観測を持っとくコトにします。

これも謎かけのままで、読む人それぞれに想像する、違うラストなんだろな。
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 過去ログ
2006.06.11/ 22:22(Sun)
昨日は久々、1年振りにビーツに会いに行って来ました♪


久々、ビーツの姿を見て、音に触れて感じたのは、
ビーツはすごい私の“根っこ”の部分にあるんだな、ってコトでした。
まさに「十代の衝動」の部分なんですね。


誤解を恐れずに言えば、自分のアイデンティティに関わって来る様な。
自分が生きてる(生きれてる)理由に繋がってる様な、それ程までに、心動かされた歌を歌う人達ならば、時の流れなんて、自分には全く関係のないコトなんだな、と実感しました。
ごく自然に。



変わらず輝き続けてて、そして素敵で、最高に楽しいR&Rをありがとう♪

8月のマニアは絶対行くよ(^-^)
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: R&R
2006.06.06/ 22:43(Tue)
今、読んでマス♪

最初は全32巻とか、どっかで目にしてたので、ちょっとひるんでたのですが、、、(苦笑)

(部屋の中が漫画だらけになる!笑)

文庫版なら全16巻で揃うというコトで・・・。
(サイズもちっちゃめだし)

今、14巻まで来ましたよ~。
海江田艦長の航海もアト、2巻で見納めと思うと、ちょっと寂しいぃ~けど(^_^;)

かな~り面白いです♪
私はこの作品が好きだ!!

今まで読んだコトのある漫画の中で、1番に、強烈かも。。。

日本でこんな作品書く人がおられたんですね~♪

かわぐちかいじさんと言えば、この前、広島テレビで30分の特集番組をやってました。
(広島・尾道の出身の方だそうで)

普通のおっちゃんなんだけど、話聞いてたら、作品に通じるものがすごい感じられて、良かったです。

読み終わったら、今度は『太陽の黙示録』とかに手を出しちゃいそうですね(^_^;)

『ジパング』も今月新刊が出るみたいだし、楽しみデス♪ 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 過去ログ
2006.06.06/ 21:58(Tue)
今週土曜のライブのチケ、今日やっと取って来ました♪

もしかして6ヶ月振り位??

ちょっと緊張しますが・・・、

自分がどんなコトを感じるか、どんな想いに出会えるのか、楽しみです♪

R&Rは自分を写す歩く鏡だしねん(^-^) 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 過去ログ
 
 
Copyright © 2006 ルリ ノ ナミカゼ, all rights reserved.