FC2ブログ
新選組・土方歳三・日本映画・三池崇史・THE STREET BEATS・横道坊主・素敵なもの探し
http://lmnsky.blog64.fc2.com/
admin  

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

藍鉄

Author:藍鉄
藍鉄と申します。
日本映画好きで、三池崇史監督好き。映画の感想等書いてます。
新選組、土方歳三さん好きで、史跡巡り等もしています。
歴史のあるものを感じると癒されるこの頃・・・。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



海自等、イベの写真等も。
2007年以前の艦の写真部屋

他ブログから引越しの為、以前の写真のサイズが一部不揃いになっております(謝)

つぶやき・・・

Twitter ブログパーツ

検索フォーム

月別アーカイブ

05  12  07  04  12  11  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

歴史関連リンク

【土方歳三資料館】


【井上源三郎資料館】
【日野市観光協会】
【新選組屯所 旧前川邸】
【土方歳三函館記念館】
【函館 五稜郭タワー】

【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】




Sisiya(志々屋)さんのサイトです♪ 新撰組・坂本龍馬・高杉晋作ほか、幕末や和をイメージしたオリジナルの作品紹介や展示ショップのご案内、幕末関連の史跡めぐり訪問記などを紹介されています。 1点1点、手造りのブックカバーがとても素敵です!!



読書カレンダー本棚

Powered By ソーシャルライブラリー

MoonAge

カウンター

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2009.04.04/ 19:30(Sat)
江田島の海自第一術科学校見学の続きです。
画像はサムネイルになってますので、クリックしていただけると拡大になります。

改装された教育参考館です。
一昨年は仮展示室の見学だったので、3年振りでしょうか。
壁が白くピカピカになってる~。
建物の中も綺麗になっていて、展示内容や配置も少し変わっている印象を受けました。
20090331江田島12
20090331江田島14

こちらから入ります。
建物内は写真撮影禁止になっていて、帽子はとります。
20090331江田島13


入ってすぐの階段には変わらず赤い絨毯がひかれていて、その上にひかれた白い布の上を通って階段を登り、2階から見学して行きます。

階段上がってすぐの所に木彫りのされた重厚な扉があって、東郷平八郎元帥、英海軍のネルソン提督、山本五十六元帥の御遺髪が収められているという部屋があります。

第一術科学校のHPより抜粋です。

教育参考館には、戦前約40,000点の歴史的資料が保存されておりましたが、終戦時、一部の貴重な資料を厳島神社、大山祗神社等に奉納した他は、進駐軍による没収を恐れ焼却処分とされました。
 現在は、返却された資料等約16,000点を保存しており、そのうち約1,270点を展示しております。
 主な展示資料に、
・東郷平八郎元帥、ネルソン提督(大英帝国)、山本五十六元帥の御遺髪室
・海軍将校の書
・特攻隊員の遺書
・横山大観画伯の富士を描いた作品「正気放光」
等があります。年間約8万人の見学者が同館を訪れています。


海軍の歴史を振り返る展示になっています。
自分にとっては史実の中の人だったり、文献や伝記、言い伝えの中でしか知らない人達の、実際に書かれた書や身につけておられたもの、使われていたもの等が沢山展示されていて、一気に身近な事に感じ、不思議な気持ちになります。
家族に宛てた手紙等も・・・。

前出の富士の絵を始め、絵画も沢山展示されています。
日露戦争を描いたものが多かった様な・・・。

その後に、回天の搭乗員や、神風特攻隊の隊員の方達の遺書や写真を展示してある部屋に移動します。
ひとつひとつの遺書に、お名前と御出身地、亡くなられたとされる場所や享年等がプレートで記されています。
皆、自分より歳下の若い人達で、今の日本人が書けない様な美しい文字を書かれている事に驚きます。
たまたま生まれた時代が平和だったというだけで、今の自分達はこうして行きたい所に行けて、やろうと思えばやりたい事の出来る時代に生きてるけど、自分達と何も変わらないだろう人達が、10代や20代で死ぬ覚悟を決めて、親や家族の事を案じながら、戦地に向かわねばならないって、どんな思いだったんだろうな・・・と思います。
その人達の犠牲の上に今が成り立ってるのだから、同じ事を決して繰り返さないという事と、そおいう人達がいたのだという事をちゃんと知って、考えてく事が自分なりに大切な事だという気がします。

その部屋を出て、再び1階に降りていく形になります。
1階には駆逐艦「雪風」の舵や、艦首の菊の御紋章等、大きめなものが展示されてます。
今回は30分という時間制限があったので、ここは余りじっくりと見る事が出来ませんでした。

ただ、1番最後の辺りに、壁一面に大きな「艦艇喪失一覧図」というものがあって、南太平洋を中心とした世界地図にびっしりと艦の名前が矢印を使って書き込まれ、どの艦がどこで、何の原因で沈んだのか(航空機か潜水艦か対艦によるものなのか)が一覧になっているものがあって、それを見ると、世界中のあちこちに日本の艦が沈んでない所は無いという位に沈んでいるというのがわかって、驚愕でした。。。

これだけの損害出しながら戦争をやり続けたって、狂気の沙汰だなぁ、と。
もっと早くやめる事が出来たんじゃないかなと。

地図には書かれてない民間の輸送船等も沢山沈んでるんだろうし、一体どれだけの人が今も海の底に眠っていて、そのままにしてしまっているのかを考えたら、薄ら寒くなりました。


時間も終わり、館横のベンチに集合。
周りの展示物等を。

戦艦「大和」の46センチ主砲弾。
相変わらずのピカピカです。
毎日生徒さんが磨いていると聞きました。
20090331江田島15

特殊潜航艇で、潜水艦に搭載されたそうです。
昭和16年、ハワイ真珠湾の攻撃に参加した5艇の内のひとつで、昭和35年に発見され引揚げられたものだそうです。
20090331江田島18
20090331江田島20

「海龍」。
太平洋戦争末期に200艇以上も造られ、でも実際に使用される事は無かったそうです。
20090331江田島17

駆逐艦「雪風」の主錨です。
昭和15年に完成、太平洋戦争の戦史に残る主要な海戦には全て参加し、「大和」と共に沖縄特攻にも行動を共にしましたが、無傷で生還したという有名な艦です。
20090331江田島16


以上で終わりです。
思ったよりも長くなってしまった
やっぱり適当な事は書けないので・・・。
詳しくないので、上手く説明出来なくて申し訳ないです・・・。

構内から入り口辺りを撮ったものです。
20090331江田島21
 
スポンサーサイト
編集[管理者用] 
Category: 海自関係
2009.04.04/ 00:56(Sat)
2年振りに江田島の第一術科学校の見学に行って来ました。
画像はサムネイルにしてあるので、クリックしてもらえると大きくなると思います。


呉のフェリーターミナルからも自衛艦の姿が見えました。
お~、呉に来た!という感じで、やっぱり良いなぁ
手前は訓練支援艦の「てんりゅう」です。
フェリーから呉基地も見えるのですが、潜水艦の姿が何故か見えませんでした~。
20090331江田島01

江田島近くの海上に「ちはや」がいました。
20090331江田島02

江田島・小用港近くの山桜も大分咲いていました。
20090331江田島03

小用港からバスで7分位で到着です。
受付で名前住所等を記入して、バッチをもらってから待機所へ。
今回は食堂とか売店の入ってる建物の方になってました。
20090331江田島04

構内に入ってすぐの所から。
桜は5分から7分咲きという所でしょうか。
満開の時を見た事があるので、ちょっと寂しい感じがしましたが、それでも綺麗です
20090331江田島05

大講堂横の桜はほぼ満開でした。
大正6年(1917年)に建築され、外壁には瀬戸内海産の花崗岩が使われているそうです。
とても美しいです。
翌日が入校式という事で、予行?がされてました。
しばらくしてから、距離がかなり離れてたのに君が代の斉唱が響いてきて、そっかぁ、入校式でも歌うのね、と思いました。
やっぱり卒業式のイメージがあるので。
でも、あの粛々とした空間にとてもよく似合ってました。
20090331江田島09
20090331江田島06

幹部候補生学校の建物で、明治26年(1893年)の建築だそうです。
110年以上もの歴史があるというのに、とても美しいです。
全長が100m以上もあって、カメラのフレームに収まりません。
20090331江田島10

今回は中庭には入れなかったので、入り口の辺りから。
こちらは満開みたいです。
奥に「同期の桜」のモデルになった桜があります。
樹齢百年以上になるそうで、この桜を見て、その後、戦地に赴いて亡くなられた方が沢山いるんだなと思うと、感慨深いものがあります。
百の言葉よりも伝わって来るものがあると思います。
20090331江田島07


運動場奥の戦艦「陸奥」の主砲砲塔。
海と松とちょっと不思議な風景が広がっています。
奥には訓練用のカッターが吊ってあります。
20090331江田島11

やっぱり5分咲き位?
この蕾が全部咲いたら、尚更綺麗でしょうね。
20090331江田島08

 
編集[管理者用] 
Category: 海自関係
2009.04.01/ 22:42(Wed)
久し振り~に「海軍さんの麦酒」を呑んでみました。
ウマ~
3種ある内のヴァイツェンとアルトを買ったのですが、前者の方が好みです。
アルトの方はかなり濃厚で、黒ビールに似た感じなのかな?

20090401205820



また少しずつ写真をup出来たらなと思います

090331江田島

090331江田島2 
編集[管理者用] 
Category: 海自関係
2009.03.31/ 20:32(Tue)
2年振り~に江田島の旧海軍兵学校に行って来ました~。

桜は全体的には5分咲きから、もうすぐ満開のものまで。
でも、殆ど咲き初めの、蕾の先が赤くなってるものも沢山ありました。

同期の桜はほぼ満開みたいでした。
(他の樹よりも随分と早いみたいです)

ここの桜は毎年早いとか、この辺りはいつも遅めだとか、本当にその通りなんだなぁ、とちょっと感動でした。

今週末から来週半ば位が見頃になるかもしれません。

あいにく、土日の天気が今いちなのですが、、、

5日は今の所、降水確率50%です。。。

やっぱり構内解放の日の方が時間制限が無くて、教育参考館もゆっくり見れるし、中庭の桜も見れるし陸奥の砲塔まで行けるし、少しでもお天気回復しそうだったら行きたいなぁ・・・。

帰ったら、また写真等をup出来たらと思います。 
編集[管理者用] 
Category: 海自関係
2008.07.21/ 18:10(Mon)

参加していた艦艇の紹介をしたいと思います。

画像大きくしてしまい、申し訳ありません。。。

自分の乗ってた「ちはや」は紹介出来ませんが、艦艇の配列順に並べてみました。



護衛艦 「せとゆき」



旗艦 護衛艦 「ひえい」

昔の軍艦をちょっと連想させる、ふたつの主砲で、今のステルス艦みたいなスマートさはないけど、なんか、見てて、ロマンを感じさせる様な(笑)、とても好きな艦です。

もうすぐ退役してしまうそうなので、それまでに乗ってみたいな(笑)



訓練支援艦 「くろべ」




護衛艦 「いなづま」




護衛艦 「あけぼの」


旗艦と擦れ違う時、艦と艦がかなり近い感じで擦れ違ってくれて、面白かったです。


自分の乗ってた「ちはや」は珍しい艦だったと思うので、全景の写真を撮りたかったな。。。


青い海と空に恵まれて、艦もより美しく見えたと思います。



 
編集[管理者用] 
Category: 海自関係
 
 
Copyright © 2019 ルリ ノ ナミカゼ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。