FC2ブログ
新選組・土方歳三・日本映画・三池崇史・THE STREET BEATS・横道坊主・素敵なもの探し
http://lmnsky.blog64.fc2.com/
admin  

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

藍鉄

Author:藍鉄
藍鉄と申します。
日本映画好きで、三池崇史監督好き。映画の感想等書いてます。
新選組、土方歳三さん好きで、史跡巡り等もしています。
歴史のあるものを感じると癒されるこの頃・・・。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



海自等、イベの写真等も。
2007年以前の艦の写真部屋

他ブログから引越しの為、以前の写真のサイズが一部不揃いになっております(謝)

つぶやき・・・

Twitter ブログパーツ

検索フォーム

月別アーカイブ

05  12  07  04  12  11  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

歴史関連リンク

【土方歳三資料館】


【井上源三郎資料館】
【日野市観光協会】
【新選組屯所 旧前川邸】
【土方歳三函館記念館】
【函館 五稜郭タワー】

【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】




Sisiya(志々屋)さんのサイトです♪ 新撰組・坂本龍馬・高杉晋作ほか、幕末や和をイメージしたオリジナルの作品紹介や展示ショップのご案内、幕末関連の史跡めぐり訪問記などを紹介されています。 1点1点、手造りのブックカバーがとても素敵です!!



読書カレンダー本棚

Powered By ソーシャルライブラリー

MoonAge

カウンター

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2011.05.23/ 18:11(Mon)


そうそう、昨日のライブの後、数年振り~にOKIさんにCDにサインしていただいたのです♪
(上はチャリティーステッカーです)
大丈夫かなと思いつつ、OKIさんを前にしたらやっぱりしっかりキンチョー・・・(;・∀・)

でもとても嬉しかったです♪
大切にしたいと思います。
本当にありがとうございました(´∀`*) 
スポンサーサイト
編集[管理者用] 
Category: R&R
2011.05.23/ 15:19(Mon)
THE STREET BEATS
THE STREET BEATS
(写真は公式サイトより)


昨日は久々にTHE STREET BEATSのライブに行って来ました~。
TOUR2011 “REBORN!”です。REBORNは“再生”の意で、ある意味、このツアーにとても相応しいタイトル。
昨年12月をもって、13年間ドラマーを務めたATSUSHIさんが離れ、14年振りに牟田さんがドラマーとして参加しての初めてのツアーなのですが、それプラス、今回の震災の被害を受けたビーツを愛するロックンロールが大好きな人達も沢山いて、そおいう人達への前へ進もうとする気持ちを応援する意味もある“再生”というタイトルでもありました!


1曲目は「NAKED HEART」。
やっぱりドラマーが変わると音も変わるもんだなー!と。
ATSUSHIさんのドラムはパワーがあって暖かみのある感じだったけど、今回、音を聴いた瞬間すごいソリッドに感じました。
その印象は一貫としてました。
一瞬一瞬の勝負感がカッコ良かった。

牟田さんはやっぱり思い入れもあるし好きだったので、またビーツでドラムを叩く姿を観れて、やっぱり嬉しかったです。

んで、「NAKED HEART」(剥き出しの心)を聴きながら、やっぱ自分の原点だなー!と実感したりしました。
スタイルややりたい事が変わっても、その想いはずっと変わらずにあるというか・・・。

今まで聴きながら、どこか海の向こうの国を想像してた「CALL S.O.S」は初めて、自分の国の同じ今を生きる人達の事を考えながら聴いた。
本当に“今の現実そのまま”の歌だった~。ヒリヒリ。
ロックンロールは不変!というか、想いのある歌は時代や時の流れも軽々と超えていくというか、、、それは筋を通してやり続けてきたビーツの持つ力だと思います☆彡

新曲3曲はライブで初のご対面。
「BAD NEWS SHOW」は粋なロックンロールでスリルがあってカッコ良かった。
「POWER TO YOU」は初めて聴いても拳が上げれて、歌詞も聴きとれて一緒に歌える様なビーツの王道なナンバー。
SEIZIの歌う「HOPE IN MY HEART」は可愛らしくて、楽しかった~。

「毒の河を泳いで」「叫ばなければ」とか、「青の季節」や「ONE NIGHT STAND」だとか、思い入れのある曲が沢山聴けて嬉しかった。
「REBEL SONG」と「十代の衝動」が両方聴けたし!
最近、ライブで聴いてからすごく好きな「太陽は砕けない」も聴けたし。
そして、何十回とライブで聴いてた(多分・・・)、「街の灯」の新たな想いに初めて気づいたりしたー!!
今まで聴くのと確かに違ってた!と思うんですけど・・・。

せっかくの大切なONE NIGHTなので、一生懸命にビーツコールをして、それに2回答えてくれて、「旅人の歌」が流れても自然とコールが鳴り止まず、私も出て来てもこなくても、自分達の想いは伝えたいなー!と思って呼んでたら、またステージに登場してくれて、最後は「拳を握って立つ男」でした。

「BOYS BE A HERO」をリアルに感じれて一緒に歌える今の自分には誇りを持ってもいいのかな、と感じたりもしました。

何もかも当たり前の事なんて無い、この夜にTHE STREET BEATSと素敵なロックンロールに出会えた事にとても感謝です☆彡 
編集[管理者用] 
Genre: 音楽 Theme: ライヴレポ・感想 Category: R&R
2011.01.29/ 01:52(Sat)
嘗て、THE STREET BEATSというバンドでドラムを叩かれていた牟田さんというドラマーの方がおられるのですが、
この度、再びビーツでドラムを叩かれる事になりまして、ブログでその事について書かれてました☆彡

牟田さんのブログ

ビーツを辞められてからも、ブログで時々、ビーツについて書かれているのを見かけたりして、今でも大切に思ってくれてるんだな~と嬉しかったりした事があります。

私が行けるのは多分ツアー後半になりますが、ステージを数本経て、音がどんな風になっているのかも楽しみです。

アツシさんが余りに馴染んでて、こおいう緊張感みたいなものは久し振り。。。
以前はよくある経験だったんですけどね(~_~;)

でも、こおいう時にでも立ち止まったり、後ろには進まないビーツがやっぱり好きなんですけどね(#^.^#)


THE STREET BEATS
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: R&R
2009.06.23/ 21:54(Tue)
beats.gif

久々にビーツに会いに行って来ました~。
「25TH ANNIVERSARY TOUR 2009 "さすらいの歌"」、結成25周年記念のライブでした。

やっぱり、すごい楽しかったです。
私もビーツのR&Rと共に長い時間を過ごして来て、その間に色々な事もあったし、色んな想いもしたし、でも変わらず、10代の頃に出会ったビーツが目の前にいて、あの頃と何も変わらない、色褪せない輝き続けてるR&Rがあって、それは簡単な事ではないと、今ではよくわかるし、その事がとても嬉しかったし、感謝の気持ちでした。
生きれてた自分にも感謝。

聴きながら~、私のやっぱり原点と言うか、根っこには「少年の日」や「BOYS BE A HERO」「BEATNIK ROCKER」とかがあると思いました。

OKIさんも言われてましたけど、私のビーツとの初めての出会いも「ハッピーボックスをさがして」で、あの時、たった数秒聴いただけのフレーズが、2週間位たってもずっと心に残って、気になっていて、これは好きかもしれん!!と「VOICE」のアルバムを買って来たのがきっかけです。

その頃の私はすごく貪欲に「言葉」を探してて、それは音楽とか詩とかの形態に拘らずで、どれだけ自分の心に近いものがあるか、響くものがあるか、届くものがあるか、で、その頃の私は周りといつも違和感を感じてクラスにも馴染めず、こんな自分は頭がおかしいのかと半ば本気で思ってたりしたんですけど、ビーツの歌を聴いた時に、おんなじ事考えてる人がおった!私は別に頭おかしくないんだ~!と本気で思って(「少年の日」の歌詞とかそのまんまで)で、ライブにひとりで勇気を出して出かけて、そこから始まったという感じです。

映画「クローズ」の影響なのか、いつもよりお客も沢山入ってたし、まん前じゃなくて、ちょっと後ろに引いた所で見てたのですが、すごい盛り上がってました。
ただ、ビーツコールがいつもちょっと元気がないなぁ、とかは思ってしまいます
自分の基準がSTANDING STANDIGサーキットの頃や、京都の伝説のライブ(行った人はわかりますよね)の時だったり、関西で見てた期間が長かったので、それと比べたらしょうがないのかな?

今度は8月22日かな?BEATSMANIAでまた会いに行きたいと思います
全然レポらしくない~。ごめんなさい。 
編集[管理者用] 
Category: R&R
2009.04.12/ 20:54(Sun)
クローズ

三池崇史監督の映画「クローズZERO Ⅱ」を公開初日に観て来ました。

前作に比べれば、やっぱりインパクトと言うか強烈さみたいなものは減少してましたが、キャラのひとりひとりに愛着があって(「クローズZERO」の世界には、基本的にホントの悪人はいないので)、彼等の姿を再びスクリーンで観れる事が嬉しく、楽しめました。

ひとりひとりの登場人物に皆少しずつ(結構、沢山?)魅せる場面があって、その人の魅力とからしさとか、筋みたいなものがちゃんと描かれてて、他キャラとの絡み関わりも多く描かれていて、面白かったです。

その分、やっぱり話はバラけた感じになるし、主役の源治も前程は描かれてないし、今回はそれプラス、敵役と言うか仇役みたいな存在も増えてるわけだし、前回の源治 vs 芹沢という大筋があるわけでは無いし、それはしょうが無いという気がします。

ストーリーはあって無い様なものと言うか、脚本も演出も(役者も)それより、ひとりひとりの短い言葉遣いとか動作とかに、どれだけその人物らしさを出すのか!にすごく心血注いでる感じがしました。


芹沢多摩雄はやっぱりカッコ良いなぁ!と。
渋いし色気はあるし、どこか可愛らしいし。

源治も前より良い表情してたし、時にカッコ良かったり、時に綺麗に見えたり。

時生の闘う場面が今回はあった!
セメダインがUPになった時に、いつものパターンを使うのか!(笑)と思ったんですけど、それをギャグで返してるのが面白かった。

伊崎も戸梶も三上兄弟も、忠太もヒロミもリンダマンも鷲尾郷太も(笑)前よりも描かれてて、魅力ありました。マッキーは気持ち悪いけど、人間的にカッコ良い(笑)

三浦春馬くん、初見でしたけど、顔が綺麗過ぎ。
皆、血みどろの中で最後までひとり、綺麗な格好のままなんですけど、そおいう役割なんでしょうね。
(原作の登場人物なんですよね?)

RIZEのドラマーの人、役者出身じゃないと思えない位に存在感がありました。
キャラ自体は昔から三池監督の映画によく存在してたタイプだとは思うんですけど。

髪型が女性で、ひとり日傘を差してる綺麗な男の人も、ああいうタイプ、「DOA」にもいたな~と懐かしく思ったり。

ヤクザな人達チーム、拳さんやエンケンに岸谷さんの組長2人、鉄砲玉になろうとした人は昔からの三池映画にいた雰囲気で、久々に、そおいうコテコテなのも観てみたいなぁ、と思いました。
武知さんの脚本で・・・。
翔さんも山口祥行さんも、他の映画では主役を張る様な人がほんのワンシーンで出演してたり、何気に愛が篭ってて、皆楽しんで創ってるのが伝わって来ました。

今回も、THE STREET BEATSの「I WANNA CHANGE」がオープニングに、新曲の「さすらいの歌」がエンディングに使われていて、再び大きなスクリーンでビーツの姿を観る事が出来て、嬉しかったです。
一般受けをする事の無いバンドだと思うのですが、ひとりでも多く誰かの心に引っかかって、ライブに足を運んでもらえると嬉しいなと思います。

エンディングのライブ映像に、前作今作の印象的な場面や、時にセリフが挿入されていて、ホント、完結編なんだなぁ~と、感じました。
物語の終わりで卒業を迎えてましたからね~。

1回観ただけでは、あのてんこ盛りの内容とか画面を観きる事は出来ないので、また観に行きたいと思います。 
編集[管理者用] 
Genre: 映画 Theme: 邦画 Category: 映画
 
 
Copyright © 2019 ルリ ノ ナミカゼ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。